【 NO.5 】 正眼短期大学 東京セミナー
 日 時平成18年7月30日(日) 午後2時〜午後5時
 講 師山川 宗玄 (正眼短期大学学長)【臨済録】
 横山 紘一 (立教大学名誉教授)【心の原点 -唯識学-】
 内 容東京禅センター初の専門道場師家をお迎えしての公開講座となりました。正眼寺専門道場師家であり、正眼短期大学学長でもある霧隠軒 山川宗玄老師の『臨済録』提唱。唯識学の大家、横山紘一先生による講議が行われました。人数が60名を越えたため龍雲寺本堂をお借りしました。たくさんの方に受講頂き熱気にあふれるセミナーとなりました。正眼短期大学東京セミナーは今後も引き続き開催いたします。次回は、平成19年2月12日(月・祝)予定。
 出 席受講人数 104名 スタッフ 12名

 

山川 宗玄老師 〜講義感想〜
【 臨済録 】

 














  • 感無量。

  • 老師の所作全てに感激いたしました。

  • 話術がたくみで難しい話を易しく説明してくださりました。

  • ご講議前の坐禅が良かったです。

  • 説得力のある話に聞き入りました。続きもお願いします。

  • 伊深の風に親しく接しました。多謝。

  • 公案は人類の宝と考えます。

  • 『臨済録』の説明が明快で眼からうろこが落ちました。

  • 是非東京でまたお話下さい。

  • 一昨年、正眼寺・正眼短期大学を見学させていただいた時時の事を思い出しました。また、次回を楽しみにしております。

  • 生き物は大人になると悟る。この話には考えさせられました。

  • 山川老師と対面させていただいただけで、背筋が伸びました。

  • 小さい時に親の愛をあまり受けない子は、心さびしく閉ざしてしまう。禅を少しの間でもできた事がうれしかった。

  • 『臨済録』についてもっと知りたい。

  • 禅の心というか、何か心を動かされるものを感じました。

  • とても心に残るお話でした。河豚の話が面白かった。

  • 時間が限られていて残念でした。もっともっと、いろいろ教えていただきたかったです。遠くから来た甲斐がありました。

  • もう少し、時間をかけて説いていただきたい。2時間は欲しいと思いました。昨今の日本人の道徳心の低下と犯罪の多発など、これを無くすにはどうしたら良いのか?老師のお考えをお聞きしたい。
 

横山 紘一先生 〜講義感想〜
【 心の原点 -唯識学- 】

 









  • 難しい。

  • とても親しみ易いお話でした。

  • 唯識は勉強しなければと思いながら、難しいとの先入観から距離を置いていました。禅とのつながりも少しわかり、日々を実践が大切であると理解できました。

  • 初めて唯識というものに触れました。またお願いします。

  • 人間味あふれるお人柄に感動いたしました。

  • NHK『こころを読む』で先生を知りました。今回のお話の方が親しみやすく良かったです。

  • 禅のお話が多く、山川老師との出会い、円覚寺居士林のくだりなど、興味深く聞かせていただきました。

  • 「なに」を究明せず、「どのように」ばかりを考えていました。結局今まで何も変わりませんでした。

  • とにかく難しい。ついていくのが精一杯でした。次の機会までに基礎知識を叩き込んでおきます。

  • 心の浄化機構、念→定→慧の話は結論でありよく理解できました。ひたすら念じ、慧を目指して努力したいと思いました。

  • せめて、もう倍の時間を費やして講義していただきたい。

 
tokyo-zen-center. All rights reserved.