レポート>>白隠を歩く旅レポート

東京禅センター主催 特別企画ツアー
芳澤勝弘先生と
「 白隠禅師ゆかりの原を歩く旅」

写真レポート

 

2007年11月26日(月) タイムスケジュール
午前8時30分 東京禅センター集合、大型バスにて出発
快晴、白隠を訪ねる旅には欠かせない「お富士さん」と共によい旅になりそう
車中、芳澤先生のお話。実際に出向いて触れてみる事の大切さについて語られた。予備知識をたたき込む。
東名高速を一路、沼津港へ

顔合わせ
バスよりお富士さん
芳澤先生のレク

沼津港とお富士さん

まずは食文化
海の幸の昼食

東海道「原宿」白隠ゆかりの地を巡る。
白隠像のぎょろりとした眼孔に引き寄せられるよう。
住職の気さくなお話で白隠の人となりに思いをはせる。芳澤先生の書画レクチャーがたいへんに愉しく興味深い。
快晴のお富士さんを仰ぎ見ながら、八畳石までのんびりと散策。

「原」散策へ
生誕の地
産湯井
松蔭寺
坐 禅
宮本住職のお話
 書画鑑賞
白隠の墓地
「白隠みち」を行く
 長興寺
清梵寺 「地獄図」
修行の大岩 「八畳石」
西伊豆土肥港にて、宿泊。
伊豆には白隠も弟子と共に船や陸路で
何度も行脚したということだ。
土肥大和館宿泊
忘年会を兼ねて
露天風呂より駿河湾

2007年11月27日(火)
朝一番、カーフェリーで海路清水港へ向かう。本日は曇天。それでも僅かに富士がのぞく。
日本平ロープウェイで久能山東照宮へ参拝。家康公のお墓所(神廟)見学。
帰路、三保の松原に立ち寄り、海岸線に立つ。

土肥港→清水港へ
ロープウェイで久能山
あざやかな 久能山東照宮
家康公の墓
名勝 三保の松原
海辺まで
生涯、名誉や地位に固執することなく「原」にすまわれた白隠禅師。
この地を訪れて、生い立ちにふれ書画を愛で
とても豊かな時間を過ごすことが出来たと思う。
OH
花園大学国際禅学研究所 白隠学
芳澤先生の白隠ワールド「原宿近郊」へ
芳澤先生
松竹主任
名ガイド
 
tokyo-zen-center. All rights reserved.